目の病気

加齢黄斑変性とは

50歳以上の男性に多く、
物が歪んで見えたり、視野の真ん中が暗く見えたりする病気です。

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)は、眼の網膜にある「黄斑(おうはん)」に障害が生じ、見たいものが歪んでみえたり、黒くみえなかったりします。ほうっておくと失明する危険性もあり、欧米諸国では失明原因の第1位を占めています。
加齢黄斑変性は、40歳以上になったらだれにでも起こりうる病気です。とくに、高齢になるほど両眼ともに発症するリスクが高くなるので、要注意。また、男性が全体の約70%を占めています。

症状

「見たい物の中心部分がぼやけたり、黒ずんで見える」「物がゆがんで見える」
「明暗の度合いがわかりづらい」などの症状が現れます。出血を繰り返すなど、黄斑部に障害がひどくなると、顕著な視力低下が起こります。

加齢黄斑変性の治療

加齢黄斑変性には「萎縮型」と「滲出型」があります。日本人に多くみられるのは滲出型です。「萎縮型」に対する有効な治療法はありません。「滲出型」のみが治療の対象となっています。

萎縮型 有効な治療法はなく、経過観察を行います。
滲出型 中心窩から離れている場合・・・レーザー光凝固
中心窩にある場合・・・光線力学的療法(PDT)など

加齢黄斑変性の予防

●禁煙
喫煙は、もっとも重要なリスク因子です。喫煙歴が長く、喫煙本数が多く、煙を深く吸い込む人ほどリスクが高いとされ、発症率はタバコを吸わない人の4~5倍にもなります。
●ビタミンの摂取
ビタミンは予防効果がありますので、緑黄色野菜を積極的に摂りましょう。
●定期検査
加齢黄斑変性は、気づいたときにはかなり進行していることが少なくありません。
50歳を過ぎたら定期的に眼底検査を受けましょう。

上へ戻る

ご相談ください

午前
午後

午前 9:30~12:30
午後 15:00~18:30

※受付は18:00まで
※休診:水曜・土曜午後・日曜・祝日
△土曜日の診療時間は9:30から13:30まで。(受付は13:00まで)

●お願い

  1. 当院でコンタクトレンズを初めて作成する方、コンタクトレンズの種類変更希望の方は、受付終了30分前までにお越しください。
  2. 眼鏡処方箋作成は予約制となりますので、日時など詳しくはスタッフにお尋ねください。

〒306-0003 茨城県古河市緑町44-6
TEL:0280-30-0102

TOP | クリニック紹介 | 目の病気 | 目の検査・設備 | メガネ・コンタクト処方 | 時間・アクセス